トップページ > 万田酵素の効果・効能 > 万田酵素の原材料

万田酵素の原材料

万田酵素には、日本各地から厳選された53種類もの食物などの原材料が使用されています。


果実類には、りんごやかき、バナナ、ぶどう、レモン、いちご、うめ、イヨカンなど、全24種類。
根菜類には、にんじん、にんにく、ごぼう、ユリ根、レンコンの全5種類。
豆、ゴマ類には、大豆、黒ゴマ、白ゴマ、黒豆の4種類。
糖類は、黒糖、果糖、ブドウ糖の3種類。
穀類には、白米、玄米、もち米、アワ、キビ、大麦、とうもろこしの7種類。
海藻類には、ひじき、わかめ、のり、青のり、コンブの5種類。
その他、はちみつ、くるみ、澱粉、きゅうり、セロリ、シソの6種類。
このような豊富な原材料です。 また、ハッサクやネーブル、オレンジ、みかん、ゆず、にんじん、イチジクなどは、因島の自社農場で育てられています。


このような原材料の栄養をそのまま生かすために、万田酵素では皮や種もそのまま発酵させ使用しています。熟練された職人が厳密に管理し、3年3ケ月という長い年月を経て、水を一切使用しない無添加の健康発酵食品、万田酵素が出来上がるのです。

万田酵素には、日本各地から厳選された53種類もの食物などの原材料が使用されています。 果実類には、りんごやかき、バナナ、ぶどう、レモン、いちご、うめ、イヨカ