トップページ >  万田酵素について >  万田酵素の効果・効能

万田酵素とは

酵素という成分が大変注目されていることは、皆さんも良くご存じのことでしょう。その酵素の第一人者でであるのが、万田発酵という会社。最近では、女優でありタレントの東ちずるさんのコマーシャルで目にする方も多いのではないでしょうか。


万田発酵は、創業者である松浦新吾郎氏によって設立されました。元々元禄時代から長きにわたって続く蔵元に産まれた新吾郎氏は、妊婦さんが食べて、健康で元気な赤ちゃんを産んでほしいという思いから、試行錯誤を経て開発されたのが、「万田酵素」でした。


万田酵素は、簡単に言えば発酵食品。日本の代表的な発酵食品と言えば、納豆や味噌、酢にしょうゆなど、さまざまなものがあります。発酵食品が体に良いことは、良く知られていますね。しかし、現代の日本では、発酵食品が食卓に並ぶことが減ってきました。食生活や生活リズムの変化のためです。そこで、簡単に発酵食品の栄養素を摂取できる万田酵素に注目が集まっています。

万田酵素の原材料

万田酵素には、日本各地から厳選された53種類もの食物などの原材料が使用されています。


果実類には、りんごやかき、バナナ、ぶどう、レモン、いちご、うめ、イヨカンなど、全24種類。
根菜類には、にんじん、にんにく、ごぼう、ユリ根、レンコンの全5種類。
豆、ゴマ類には、大豆、黒ゴマ、白ゴマ、黒豆の4種類。
糖類は、黒糖、果糖、ブドウ糖の3種類。
穀類には、白米、玄米、もち米、アワ、キビ、大麦、とうもろこしの7種類。
海藻類には、ひじき、わかめ、のり、青のり、コンブの5種類。
その他、はちみつ、くるみ、澱粉、きゅうり、セロリ、シソの6種類。
このような豊富な原材料です。 また、ハッサクやネーブル、オレンジ、みかん、ゆず、にんじん、イチジクなどは、因島の自社農場で育てられています。


このような原材料の栄養をそのまま生かすために、万田酵素では皮や種もそのまま発酵させ使用しています。熟練された職人が厳密に管理し、3年3ケ月という長い年月を経て、水を一切使用しない無添加の健康発酵食品、万田酵素が出来上がるのです。

万田酵素の効果や効能は!?

酵素という成分が大変注目されていることは、皆さんも良くご存じのことでしょう。その酵素の第一人者でであるのが、万田発酵という会社。最近では、女優でありタレントの東ちずるさんのコマーシャルで目にする方も多いのではないでしょうか。


万田発酵は、創業者である松浦新吾郎氏によって設立されました。元々元禄時代から長きにわたって続く蔵元に産まれた新吾郎氏は、妊婦さんが食べて、健康で元気な赤ちゃんを産んでほしいという思いから、試行錯誤を経て開発されたのが、「万田酵素」でした。


万田酵素は、簡単に言えば発酵食品。日本の代表的な発酵食品と言えば、納豆や味噌、酢にしょうゆなど、さまざまなものがあります。発酵食品が体に良いことは、良く知られていますね。しかし、現代の日本では、発酵食品が食卓に並ぶことが減ってきました。食生活や生活リズムの変化のためです。そこで、簡単に発酵食品の栄養素を摂取できる万田酵素に注目が集まっています。


万田酵素には、日本各地から厳選された53種類もの食物などの原材料が使用されています。


果実類には、りんごやかき、バナナ、ぶどう、レモン、いちご、うめ、イヨカンなど、全24種類。
根菜類には、にんじん、にんにく、ごぼう、ユリ根、レンコンの全5種類。
豆、ゴマ類には、大豆、黒ゴマ、白ゴマ、黒豆の4種類。
糖類は、黒糖、果糖、ブドウ糖の3種類。
穀類には、白米、玄米、もち米、アワ、キビ、大麦、とうもろこしの7種類。
海藻類には、ひじき、わかめ、のり、青のり、コンブの5種類。
その他、はちみつ、くるみ、澱粉、きゅうり、セロリ、シソの6種類。
このような豊富な原材料です。 また、ハッサクやネーブル、オレンジ、みかん、ゆず、にんじん、イチジクなどは、因島の自社農場で育てられています。


このような原材料の栄養をそのまま生かすために、万田酵素では皮や種もそのまま発酵させ使用しています。熟練された職人が厳密に管理し、3年3ケ月という長い年月を経て、水を一切使用しない無添加の健康発酵食品、万田酵素が出来上がるのです。


このような健康食品、万田酵素は、腸内環境を整え、栄養の吸収や消化を助け、スムーズにします。 これは万田酵素に含まれるタンパク質やアミノ酸、酢酸や乳酸の働きによるものです。 このように体の中から、きれいにそして健康にしてくれます。


アンチエイジングを気にする方、疲れ気味の方、暴飲暴食の気になる方、生活習慣が不安な方、なんとなく元気のな方などにオススメします。また、万田酵素の開発のきっかけとなった妊婦さんにも摂取していただきたい健康食品です。